一徳庵通信

タケサン記念館-小豆島佃煮の郷-「一徳庵」から、小豆島の関連情報や店舗のサービス内容など、島っ子の店長から色々な話題を皆様に伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本一の手みやげグランプリ KKベストセラーズ様の別冊一個人から

夏休みは小豆島でお過ごしください。

KKベストセラーズ様の7月10日発行によります別冊一個人に一徳庵のやわらか真昆布が紹介されているのをご案内いたします。
本をめくること4ページ目に田崎真也さんがすすめる日本酒に合う絶品!酒の肴と題しまして一徳庵のやわらか真昆布ひしお煮の説明がございます。文の中に秘伝のひしおで仕上げた逸品とございますが、ほとんどの皆様がわからないと思いますので簡単に補足をさせて頂きます。
小豆島は400年も前から醤油づくりの伝統がございます。この醤油は杉桶(こが)の中でで1年以上も熟成させたもろみを搾った液体がしょうゆとなって行きますが、このもろみ(ひしおもろみと言います)を佃煮の炊き加減をみながら入れることにより、芳醇な旨味を引き出すことが出来ます。
酒は米で醸造、醤油は大豆、小麦で醸造、お互いに醸造に関しては親戚のようなものですから、やはり、食の達人・田崎真也さんが言うとおりピッタリッと合うのでしょうか。ちなみに今本屋さんで880円で絶賛発売中。洋菓子、肉、魚、スイーツまで色々載っていますよ。ぜひ、ご覧ください。
                       タケサン商事㈱ 一徳庵 洲崎義明

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。